トマト 香り成分で虫から「集団自己防衛」

京都大学生態学研究センターと山口大の研究グループがトマトの集団自己防衛の

メカニズムについての論文を発表しました。

 

トマトの集団自己防衛力

 

この理論によると、虫に食われたトマトの葉から発する香りにさらられた他のトマトは、

香り成分を取り込み、葉内部の糖を結合させて毒性のある物質を作り変えて蓄積し、

新たに葉を食べた幼虫を死亡させるとの事です。

 

この理論を追求して行くことで「農薬に頼らない食害予防」の実現が見えてきます。

なお当論文はアメリカ科学アカデミー紀要電子版で4/29に発表されています。

 

それにしても根を張り外敵から逃げる事のできない植物が、このような形で

外敵に対応しているとはとても興味深い話です。

 

【参考URL】

「植物間の香りを介したシグナリングの仕組みの解明に成功」 : PDF

http://www.yamaguchi-u.ac.jp/library/user_data/upload/Image/topics/2014/14042901.pdf

 

京都大学 生態学研究センター HP : 高林純示研究所 研究概要ページ

http://www.ecology.kyoto-u.ac.jp/~junji/Research/research.htm

 

山口大学 農学部HP : 松井健二教授 紹介ページ

http://www.agr.yamaguchi-u.ac.jp/member/matsui/index.html